「体験会期間が長くなりました」

今回沢山の方々にご体験いただき本当にありがとうございました!

ご好評につき体験会日程を1か月延長決定いたしました!

ご体験された皆さんから 「レッスン楽しい!」「わかりやすい!」

体験会の日からずっと家で踊っています!」

「4月の公演が素晴らしかったので参加しました!体験会であの舞台が クラス内での丁寧で楽しい基礎レッスンの積み重ねで 完成していたのだと実感しました!」など 嬉しいご感想をいただいています。

自信を持ってご紹介したい経験、実績共に素晴らしいバレエ、コンテンポラリーダンス、ボディートレーニング各講師のレッスンが500円で体験できる機会です!

はじめての場所に慣れるのに時間が必要なお子さんには1か月体験も可能になりました!

ぜひご参加ください!

クリエ全国バレエコンペティション

クリエ全国バレエコンペティション

10月13.14日 JB部門において安井春歌さんが出場させていただき

優秀賞と尾本安代サマーワークショップ賞を受賞いたしました

おめでとうございます!

予選、決選を通して感じた課題を明日から取り組んでいきたいと

嬉しい報告をしてくれた春歌さん。

今回の経験を生かしてさらに成長されるのを楽しみにしています。

2日間サポートいただきました鳥居先生、ありがとうございました!

審査員の先生方、コンクールスタッフの皆様

お世話になりありがとうございました。

 

東京の新国立劇場へNBAバレエ団の公演「リトルマーメイド」観に行きました!

930日、春の公演で大変お世話になった竹田仁美先生が主演されたNBAレエ団の公演「リトルマーメイド」を、東京の新国立劇場へ観に行きました!
台風が心配でしたが、無事観ることができたので良かったです!
 
この舞台をとても楽しみにして東京へ向かったのですが、何度訪れても慣れないのが東京(私だけかもしれませんが)。…実は劇場に辿り着くまでに電車の乗り換えなど色々迷ってしまい…慣れない場所に行くことの大変さを実感しました(^^;)
普段行かない場所に行けるというのは凄く楽しみでもありますが、慣れない街並みに緊張したり、いつもより神経を使ってしまうものです。
コッペリアの公演の際、ゲストの先生方は毎月リハーサルの為に東京から慣れない名古屋までお忙しい中来てくださっていたことを思うと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
無事目的地に着き、とても素敵な劇場と、沢山お客様が集まっている光景を見て、私もまたワクワクしながら客席へ向かいました!
自分がお客様の立場になると、もうすぐ始まる舞台をワクワク・ドキドキしながら待っているお客様側の気持ちがよく分かります!
踊る側にとっては幕が開くまでの時間というのは、緊張したり不安になってしまうものですが、お客様はただ楽しみに舞台を待ってくれている……その気持ちを思い出したとき「不安に負けず、精一杯踊って皆さんに楽しんでもらおう!」と頑張れるのではないでしょうか(^^)?
自ら足を運び舞台を観に行くことは、自分がお客様に素敵な踊りを届けられるダンサーに近づける一歩になるのだと思います(^^)
今回の舞台は、映像を使ったり、歌に合わせて踊ったり、いつも観るクラシックバレエの舞台とはまた違い、とても新鮮な作品でした!
振付もバレエの要素+アクロバティックな動きもあり難しそうでしたが、それを軽々演じている仁美先生やダンサーの皆さんに驚きました!
仁美先生の人魚姫は、とても可憐でスワニルダのときとはまた違った可愛さがありました。また、先生の演技を観ていると自分も自然と人魚姫の気持ちになっていていつの間にか私も作品の中に溶け込んでいる不思議な感覚になりました!
脚で初めて立てて嬉しくなったり、綺麗な歌声が出なくなってしまい悲しくなったり、王子様に本当の事を伝えたくても声が出なくて気づいてもらえず「お願いだから、気づいて〜!」と叫びたくなったり…
そのようにお客様の心を作品の世界に引き込んでくれる先生の演技は本当に素晴らしいな〜!と感動しました。
この作品は、海の中のシーンが沢山あり、ダンサーが海の生き物になって優雅に楽しく踊っていました!
そして海の生き物たちが登場した瞬間
「あ!ウェンディ先生のクラス!」
と、夏のワークショップでの幼児クラスの光景を思い出しました!
ダンサーは人間の役だけでなく、動物や海の生き物など色んなキャラクターを演じられることが必要で、あのとき小さい子供達が教えていただいた内容が、プロの方々の素敵な舞台にも繋がっているのだな〜!と感心しました。
今回大森康正先生は別の回で踊っていらっしゃったので、私は踊りを拝見することはできなかったのですが、終演後、仁美先生と大森先生にお会いすることが出来ました!お二人共お元気そうでした(^^)みんなもまたお二人にお会いしたいですね!!また素敵な先生方が吉川バレエアカデミーに来ていただける日を楽しみに、日々のレッスンに励みましょう!!

NBAバレエコンクールに出場、そして入賞致しました!

9月22日に行われたNBAバレエコンクールに出場した竹本こはるちゃんと安井はるかちゃんがそれぞれの部門で入賞致しました!

小学生6年の部 5-5位をいただいたこはるちゃんは、9月始めにも別のコンクールに挑戦していました!
前回と同じ会場で行われた為、舞台の感覚やイメージはそのまま踊れるから安心かな!と思っていたのですが、そう簡単にはいかないのが舞台です。前回より奥行きが狭くなっていたり、コンクールによって楽屋やリハーサル室の雰囲気も違います!やはり、舞台というものは過去の経験を活かしつつも、一つ一つの機会を新鮮な気持ちで臨むことが大切だということを実感できたのではないでしょうか?

中学生3年の部 6-1位をいただいた はるかちゃんは5月に挑戦したコンクール以来、数ヶ月ぶりのコンクールでした!
練習のときのはるかちゃんは、スタミナが切れると気持ちも負けてしまい、踊りも崩れて、いつもあと一歩のところでなかなか壁を乗り越えることが出来ませんでした。
しかし今回のVaは、はるかちゃん自身が「踊りたい!」と言って選曲した踊りです。
「なぜこの曲を踊りたいと思ったのか?」
「自ら選んだ曲をどのようにお客様に伝えたいのか?」
何度も何度も問いかけ、練習してきました。技術面だけを意識していても、根本的な事を忘れてはうまく踊れません。
「踊っていて楽しい!幸せ!ありがとう!」という気持ちを忘れず、その心をお客様にも届けて欲しいし、失敗したときは「あ〜、悔しい!もっとこうやって踊りたい!!」と、いつも理想の踊りへと自分自身で向かっていって欲しいです。その為には、スタミナ切れの自分なんかに負けていてはいけません!!
舞台袖では「最後は根性!!」という言葉で気合を入れて挑みました。
練習のときよりも笑顔で楽しく最後まで踊れたはるかちゃんは、以前よりも途中で諦めない心と、入賞出来たことで自信も付いたかなと思います!

今の自分に出来るベストを尽くし一生懸命踊った2人は、また一段と成長出来たと思います(^^)

しかし…後日DVDで踊りを確認したら、2人共まだまだ表情や動きも固く、「もっともっと出来る!!」という感じでした!! 自分が思っている以上に表情も動きも大きく踊らないと舞台ではまだまだ足りない…ということも学んだと思います!

ここまで頑張ってきた成果をありがたく受け止めて、ここから更にステップアップ出来ることを願います(^^) まだまだ先に進めるということは幸せなことです!自分で限界を決めずに、自分に出来ることをもっと見つけていきましょう!